費用を抑えて投資したいなら中古マンション投資セミナーに参加しよう

男の人

確認することが大切

婦人

家賃相場は一般的には月収の3分の1が良いといわれてきましたが、近年では年収の25%を超えてしまうと家計を圧迫してしまうと考えられており、2割以内に抑えることが良いとされています。家賃相場は年収×0.25程度が年間家賃総額として人気となっています。この程度が家計を圧迫しない金額と考えられており、5年先にも家賃を払うことができるかと考えたときに適正だとされています。これは家賃だけではなく、住宅ローンを借りたときにも適応される考え方になります。最近ではひとり暮らす最低限のスペースがあれば十分で、シェアハウスに住んでいるため通常よりも家賃が安く済むというケースも珍しくなくなっています。また、家賃の相場は既婚か未婚かでも大きく異なってきます。

賃貸を目的としている場合、家賃相場はライフスタイルや貯蓄を考えて選ぶことが必要となります。ですが、家賃相場は経営を視野に入れている場合は異なってきます。経営目的の場合には、空室を避けるため家賃相場を慎重に調査して設定する必要性があります。周りの物件より高いと入居率が下がりますし、反対に安いと損をしてしまうこともあります。いまは不動産会社のホームページなどで家賃相場をチェックすることも可能になってきているので、それで調べて設定するといいでしょう。あるいは不動産経営自体が初めてであれば、直接不動産会社に相談に行ったり、セミナーなどに行って効果的な家賃相場の調べ方などを学んだりする方法もあります。