費用を抑えて投資したいなら中古マンション投資セミナーに参加しよう

男の人

賃貸経営の理想のカタチ

集合住宅

最善のリスクマネジメント

マンション経営の最大のメリットは、数多くの収益物件を一括して所有できることです。賃貸経営における一番のリスクは、言うまでもなく収益物件が空室であり、収入が得られなくなることですが、このリスクは、どんな手段を講じても、なくなることはないリスクです。但し、リスクマネジメントすることは可能であり、その方法とは収益物件の数を増やすことです。ただ、収益物件を数多く所有することは、決して容易ではないことです。その容易でないことを唯一、容易とするのが数多くの物件で構成されているマンションを所有すること、つまり、マンション経営というわけです。このようなことですから、マンション経営は賃貸経営の理想のカタチだと言えるのです。

至って現実的

理想は理想であって現実的ではないと思うかもしれませんが、そんなことはないのです。現実的ではないと思う最大の理由は、マンションを1棟購入するためには多額の資金が必要になることだと思いますが、もちろん、多額の資金は必要です。しかし、融資を受けることができますから、手元に多額の資金がなければマンションを購入できないというわけではないのです。一般的には、マンション販売価格の2割程度の資金があれば大丈夫だとされています。また、マンションの管理なんて、したことがないからできないと思うかもしれませんが、これは管理会社に業務委託すれば良いことです。実際、マンション経営者の多くは管理会社に業務委託しているというのが実情です。管理料の相場は月額家賃の5〜10%ですから、業務委託しても利益は十分あります。