費用を抑えて投資したいなら中古マンション投資セミナーに参加しよう

男の人

賃貸経営をお考えの方へ

お金とグラフ

安定した家賃収入のために

不動産の賃貸経営をする場合は、入居者募集や家賃徴収、あるいはトラブルの対応など様々な業務があり、自分だけではできにくいものです。そのような場合は、多少経費は掛かりますが、やはり賃貸管理会社にまかせるのがいいでしょう。また管理会社によっては、家賃債務保証を引き受けてくれたり、家賃債務保証会社を紹介してくれることもあります。この家賃債務保証というのは、一言でいえば家賃の滞納対策です。まず入居者が、家賃債務保証会社に保証料を支払い、家賃債務保証会社は、オーナーと保証契約を交わします。もし滞納があった場合は、会社が家賃を立て替えて、その後入居者が、会社にその分を返済する仕組みになっています。オーナーは安定した収入が見込め、入居者は保証人不要な点がメリットです。

こういう点には注意が必要

ただし気をつけたい点もあります。まず家賃債務保証の場合、契約期間の途中で家賃の見直しが入ることがあり、場合によっては家賃収入の額が下がることもあります。特にサブリースと呼ばれる一括借り上げでは、管理をすべて委託することができますし、空室があってもその分を保証してくれますが、収入は通常家賃の7割から8割程度で、敷金や礼金が会社の収入になる点に気をつけましょう。ですから築年数がそこそこ経っているとか、部屋数が多い、駅から遠いなどといった物件の場合は、家賃債務保証をつける、あるいはサブリース契約にするのがお勧めです。逆に、交通アクセスがよくて築年数が浅く、常に借り手があるような物件では、当面は安定した家賃収入が見込めるため、特に必要ないということもあります。